税込5,000円以上購入で送料無料

いつもの味をご家庭で。吉野家公式通販ショップ

お電話でのお問い合わせ・ご注文はこちら

0120-448-999

受付時間10:00~18:00(日祝除く)

レンジで1発!和風牛肉うどん
2019/11/05 16:38
レンジで1発!和風牛肉うどん(レシピ監修:山本ゆり)

冷凍うどんに牛丼をかけてチン!で完成のめちゃくちゃ簡単レシピ。牛肉とバターの風味でちょっと贅沢な味わいです。
1人前にこんなにお肉あって気がひけるわという方は2人前に1袋使って。
【材料(2人分)】 吉野家牛丼の具 1袋 冷凍うどん 1玉 バターまたはマーガリン 5g あれば万能ねぎの小口切り、白いりごま、刻みのり 各適量
【作り方】 1)牛丼の具は袋の表示通りの方法で電子レンジ(600W)に入れ、1分30秒加熱して溶かしておく。 2)耐熱皿に凍ったままの冷凍うどんをのせて①をかけ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約4分加熱する。 3)よく混ぜて器に盛り、バターをのせ、あればねぎ、ゴマを散らして海苔を添える。 ※調理ポイント:まだ冷たければ追加で1分加熱を。1人前に1袋使うのが勿体ない場合は2玉の冷凍うどんに1袋をかけ、レンジで8分ほど加熱。その場合、味が薄まるので市販のめんつゆや塩、こしょうで調節を。 ★うどんじゃなく、スパゲティでも!耐熱容器に半分に折ったスパゲティ100gを入れて牛丼の素を汁ごとかけ、水220mlを入れ、ラップ無しで袋の表示+3分チンです。
煮るだけ!牛たまおかずスープ
2019/11/05 16:28
すべての材料を煮るだけで簡単!
牛たまおかずスープ(レシピ監修:山本ゆり)

牛丼の美味しいつゆを残さずスープで頂け、野菜もたくさん採れるお勧めレシピです。ごはんにかけてクッパにしてもおいしい!
大人はキムチやラー油を足すのもオススメ。
【材料(2人分)】 吉野家牛丼の具 1袋 もやし 1/2袋 にんじん 1/4本 万能ねぎ 2本 乾燥わかめ 小さじ1 水 3カップ 顆粒鶏ガラスープの素 大さじ1/2 塩、こしょう 各少々 あれば白いりごま 適量
【作り方】 1)牛丼の具は袋の表示通りの方法で電子レンジ(600W)に入れ、1分半加熱して溶かしておく。にんじんは細切り、ねぎは食べやすい長さに切る。 2)鍋にAと牛丼の素、にんじん、もやしを入れて中火にかけ、火が通ったらねぎとわかめを加える。火を強めて溶き卵をまわしいれ、塩、こしょうで味を調え、あればごまをふる。 ★卵はボコボコ沸騰したところに少しずつ細く注ぎ入れると、入れた瞬間固まるので汁が濁らず、ふわっと綺麗にしあがります。
器ごとチン!牛キャベもやしチーズ
2019/11/05 16:19
器ごとチン!牛キャベもやしチーズ(レシピ監修:山本ゆり)

忙しい日のお助けおかず。すべての材料を器に入れてチンするだけです。 味付けもほぼ牛丼の具のみ!牛丼のつゆが染みてくたっとなったキャベツともやしにとろっとチーズが絡まって美味しい。
【材料(2人分)】 吉野家牛丼の具 1袋 キャベツ 3枚(120g) もやし 1/2袋(120g) ピザ用チーズ、塩こしょう 各適量
【作り方】 1)牛丼の具は袋の表示通りの方法で電子レンジ(600W)に入れ、1分半加熱して溶かしておく。キャベツはざく切りにする。 2)耐熱性の器にキャベツ、もやしをのせて塩、こしょうをかけ、牛丼をつゆごとかける。ピザ用チーズを散らし、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で約5分加熱する。 ※調理ポイント:もやしを1袋使いきりたい場合は、キャベツはいれずに作るとちょうどいいです。(もしくは野菜たっぷりにして、ポン酢など味を足す食べ方でも)水分が出るので作り置きはせず、食べる直前にチンして。
とろとろ卵の鉄板牛ネギ焼飯
2019/11/05 15:58
フライパン1つ!
とろとろ卵の鉄板牛ネギ焼飯(レシピ監修:山本ゆり)

簡単なのにちょっとごちそう風の1皿。食卓でわーっと混ぜて食べる1品です。
卵はとろとろで止めても、硬く焼いて炒飯のように混ぜ込んでもそれぞれに美味しい。1袋で2人分作れるのも個人的に嬉しいです。
【材料(2人分)】 吉野家牛丼の具 1袋 卵 2個 (A)水 大さじ1 (A)塩 少々 温かいごはん 茶わん2杯分 塩、こしょう 各少々 サラダ油、万能ねぎの小口切り 各適量
【作り方】 1)牛丼の具は袋の表示通りに電子レンジで加熱する。卵は溶いてAを混ぜておく。 2)フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱してごはんを入れ、塩、こしょうを加えて炒め、中心に集め、火を止める。 3)ごはんに1)の牛丼の具をのせ、つゆを半量~2/3量ほどかける。周囲に油少々を足して卵液を流し、再び火にかけ、卵が半熟状になったら火を止めてねぎを散らす。 ※調理ポイント:卵は予熱でどんどん固まるので、理想の1~2歩手前で火からおろすのがコツ。パラッとした炒飯にしたい場合は汁はあまりいれず具だけをのせ、塩、こしょうで調節してください。食卓に出すちょうどいいフライパンがなければお皿に盛っても!