5,000円以上購入で送料無料

いつもの味をご家庭で。吉野家公式通販ショップ

お電話でのお問い合わせ・ご注文はこちら

0120-448-999

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

冷凍牛丼ができるまで

冷凍牛丼の具製造における3つのこだわり

品質へのこだわり

  • 製造時に使用する牛丼のタレ(充填用タレ・煮込タレ)の物性値(塩度・糖度・ph)を30分毎に確認し記録しています。
  • 全商品、ウエイトチェッカーによる重量確認を実施しています。
  • 牛丼の具のパック詰め後、おいしさをそのまま急速冷凍しています。
  • 牛丼の具の生産毎に3名以上の担当者が商品の試食を行い、味覚・食感に異常がないことを確認し記録しています。

衛生へのこだわり

  • 冷蔵・冷凍保管庫は自動制御により庫内温度がコントロールされており、常時監視・記録されています。
  • 原材料・製造工程中の材料(牛肉・玉葱・タレ)から最終製品に至るまで細菌検査を実施し、安全を確認し記録しています。
  • 従業員への衛生管理マニュアルを完備して、定期的な教育を行い順守しています。

安全へのこだわり

  • 全商品・目視検品、X線異物検出器、金属探知機による異物混入のチェックを行なっています。
  • 製造工程(煮込み・計量・充填包装・冷凍・梱包等)それぞれ管理基準も設け、基準内であることを確認し記録しています。
  • 全商品に製造記録IDを印字しており、各商品がいつ、どの原料で、どの製造機を使用して製造したのか遡ることができます。

吉野家の冷凍牛丼の具ができるまで

原料入荷・保管

  • チェックイメージ
    原料の入荷時には、品温測定を行い、チェック表に全て記録しています。 サンプルの細菌検査も行い報告書として記録しています。
  • 保管イメージ
    原料の入荷後、適切な温度帯で保管しています。
次へ

下準備

  • 牛肉チェックイメージ
    骨等の除去作業をおこないながら、牛肉のチェックを行います。
  • タレの調合イメージ
    当日の製造に使用するタレの調合を行います。
次へ

加工

  • 煮込みイメージ
    牛丼の具専用に開発した煮込み釜で温度管理を徹底して牛肉、玉ねぎを煮込みます。
  • サンプリングイメージ
    30分に1回、サンプリングを行い糖度、塩度、PH値の測定をします。
次へ

計量~充填

  • 計量イメージ
    コンピュータースケールを使用して、規定重量になるように自動計量を行います。
  • 充填イメージ
    煮込みが終了した牛丼の具とタレを袋に充填します。
次へ

検品~凍結

  • 検品イメージ
    目視検品、日付検査機、X線探知機、金属探知機、ウエイトチェッカーによる検査を行います。
  • 冷凍イメージ
    スパイラルフリーザーで急速冷凍します。
次へ

梱包~出荷

  • 梱包イメージ
    入数確認、重量確認を行い商品を梱包します。
  • 出荷イメージ
    -18℃以下の冷凍車にて温度管理を徹底して営業倉庫へ出荷します。
吉野家オフィシャルサイト

※吉野家の考える「安全」と「安心」について(米国産牛肉の安全性について)は、吉野家オフィシャルサイトをご確認ください。